トライアングルを読みました(ネタバレを含む)



暮れに熱を出した時
原作が手元にあったので
読みたくてウズウズでした(笑)

ドラマが始まりましたが
重要な部分も暴露しちゃいますので
知りたくない方は注意して下さいまし。




原作は佐智絵事件から20年後
当時の担任
藤崎(旧姓:花井)が事件を引きずり
心の傷となってるだけに
我が子に対する
神経質な日常を交えながら
話は進行しますが
スタートは
亮二が10歳の時に書いた作文の内容からです。
当時の花井は生徒達に
二分の一成人式と証し
20歳の自分に宛てたメッセージを書かせ
20歳になったら
本人達に届けられるという
面白い試みをしたわけだけど
その数日後、惨い事件は起こります。

子犬を見る為
寄り道をしようとした佐智絵に
亮二が接触というか、、、
言葉をかけた最後の目撃者となり
(佐智絵には聞こえてない)

「そっちじゃないよな」

生と死の分かれ目となる分岐点

あの時
佐智絵に聞こえるぐらい大声を出していたら
佐智絵を捕まえて止めていたら!

これが亮二のずっと後悔し続けていた事なんです。

トライアングルというのは
おそらく、生と死の分かれ道となった
あの三叉路に立った亮二の始点から見た
二つの分かれ道と
佐智絵、サチ、亮二の三人の関わりと
三人の母親を引っ掛けて
タイトルに持って来たと思うのですが、、

(ドラマは怪しくさせていたけど)
子供の亮二は勿論、佐智絵を殺してなどいません。
佐智絵を好きな為
照れてしまい
止められなかっただけに
自分を責め
犯罪や犯罪者の心理を知る為
刑事になったわけで
一度、医者の道を志したのは
死んだ兄貴の代わりに
医院を継ぐ必要があったからです。

で、藤崎(旧姓:花井)教師が
ある時
サチと佐智絵の母・清子と出会った事で
サチの謎については
清子と離婚した
佐智絵の父・均によって
早くも真相はわかります。

サチですが
子供を亡くした葛城夫婦が傷心な中
養護施設から引き取った養女なわけで

清子は亡くなった我が子への哀れさ
母としての色んな思いから
サチを佐智絵の身代わりというより
佐智絵そのものにさせていたわけです。

サチは同窓会にも出席し
当時のクラスメート達は勿論
亮二も驚くけど
すぐ後
亮二は真相を知ってる藤崎からの手紙で
サチの正体を知り
本当のサチを取り戻させる為
軽く(笑)奔走するわけで
サチの実母の行方、義理の兄も登場するな一方
堀米の強盗偽装
富岡(T君)が犯す事件もササっ(笑)と明かされ

※補足すると
佐智絵の作文には
母親に親しい男(新保利道)がいた事への
不満も書かれ
男の事を教えて来たのはT君で
T君こと富岡は新保を殺してます。

一番知りたかった
佐智絵殺害事件の犯人!

佐智絵の書いた二分の一成人式の作文に
ヒントが書いてあり
サチの佐智絵への嫉妬もあって
亮二がここに行き着くのは最後になるけど
ここに至るラストまで飽きる事無く読めちゃいます。

犯人ですが
誘拐犯とされてるは
当然に思うけど、、、
殺人犯、、というのかな?
実は佐智絵は事故死だったんですよ~

当時、住宅の営業をしていた男が
自分の娘と同じぐらいの佐智絵を見て
車に乗せ連れ出し
起きた事故(遊具か何かで首が絞められた)なわけで
男が気付いた時には
佐智絵はもう事切れていて、、、、

男は佐智絵を殺してはいないけど
疑われても仕方ない状況に思い
一人娘を殺人者の娘にしたくないが為
この件については
沈黙を通そうとしたようです、、、が

男の名前も無いのよね~。。
死んじゃってるし
犯人当てをする上では
ズルい気もするけど
現実に不明となった事件も
こんな理由がありそうな気もする、、、、

確かに死んだ佐智絵ちゃんは
戻っては来ないけど
事件の真相が解明されたのは
何か救いな終りに思うかな。
安らかに眠って欲しいなって。。
思いましたよ


インターポールとか
唐突な部分や説明不足もあるけど
先にも書いたけど
事件の真相を知りたい為
どんどん読めちゃいます。

あの日、佐智絵に起こった出来事を知った時も
泣かされたけど、、、

子を持つ母の色んな気持ちも
痛いぐらい伝わって来る一冊です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 53

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い